赤鯱新報

杉浦駿吾「全員の気持ちが乗ってて、最終的に自分が打って入ったっていうだけなんで、チームのゴールなのかなっていう風に思います」

■高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2023 WEST 第21節
2023年11月26日 11:00 KickOff/トヨタスポーツセンター 第2グラウンド
名古屋グランパスU18 2-1 横浜FCユース
得点者:61分 岩崎亮佑(横浜FC)85’オウンゴール(名古屋)90+5’杉浦駿吾(名古屋)
―――――――――


〇杉浦駿吾選手
Q:素晴らしいゴールでした。劇的すぎて上手く言葉が出てこないんですが(笑)、あの瞬間はどうでしたか。
「いや、いま振り返っても全然思い出せない感覚のゴールでしかなかったんです(笑)。でも、そこは全員の気持ちが乗ってて、最終的に自分が打って入ったっていうだけなんで、チームのゴールなのかなっていう風に思います」

Q:あの土壇場で半ば放り込みで「何か起これ」という攻撃にもなっていた時間帯で、何かを起こしました。
「自分はロングボールが来て、それを収めるというのが少し苦手というか。それもあって吉武コーチから『1回、目を切って相手に身体を当てるといいよ』ってアドバイスをもらって。あのシーンはそれはうまくいかなかったんですけど、1試合を通じてそれをやり続けていたら、たぶん相手のセンターバックが嫌がって、あの場面は前にグッて出てきたんです。そこでかぶったところで。その、1回、目からボールを切って身体を当てるっていうことをやり続けたからああいう相手のミスが生まれて。その後は(西森)悠人がセカンドボールを拾ってくれて、パスを足元にうまくつけてくれたんで、止めて打つだけっていう感じでした」

Q:コースも何も見ないで蹴ったみたいな。
「自分も『何か起これ!』っていう感情で競ってたんで、特にゴールを見ずに打ちましたけど、上手くいって、よかったっす(笑)」

Q:1点目の場面は触ってはいたんですか。
「いや、触ってないですね。あの場面は(那須)奏輔がうまくバイタルで受けたので、まずは奏輔からのパスをもらおうとして斜めにランニングを起こして。そこには出てこなかったんですけど、そのランニングで相手のディフェンスが自分についてきて、陽人とかがよりフリーな状況になったと思って。あの時点で勝負はあったのかなっていう風に思います」

Q:ただ、試合全体を振り返ってみれば自分のところにはなかなかボールが来ない、いい形の攻撃もなかなか作れない苦しい場面の方が多かったです。試合を通じての部分ではどういう試合だと感じますか。
「もう少し自分がチームのターゲットというか、ボール保持者の選択肢になれればもっと良かったんですけど。そういう時間もあったし、横浜もすごくうまいチームだったんで、我慢、我慢でチーム全員が守ってくれていました。1試合として良い内容かって言われればそうではないと思うんですけど、勝負強さっていう面では良かったのかなって思います」

Q:なかなかボールが来ない時間帯、状況の中でのメンタルはどうでしたか。
「前期の最終戦の東福岡戦、逆転して勝ったんですけど、あの時はなぜかわからないですけど、負ける気がしなかった。今日も同じメンタリティでずっといられたんで、特に何かを意識したわけじゃないですけど、いつか来るだろうな、というよりは、ずっと待ってたので。そんなにネガティブな感情にはならずに、ずっと守備する時は守備をして、待つところは待ってという感じでやっていたので、そこまで落ちることなくやれたと思います」

Q:相手の3バックに対して1対3のような駆け引きや勝負になっていましたが、どう攻略する感覚だったのでしょうか。
「自分の背後へのアクションで一発で行ければそれが一番良いと思うんですけど実際には厳しい中で。自分の背後げのアクションでトップ下みたいな形で入っていた陽人が空くと思うので、そこは陽人を活かして。自分も受ける選択肢にはなるんですけど、陽人にスペースを与えるっていうところは意識してやってたんで、その形が多くできたわけじゃないですけど、何回かは上手くいった。そこで攻略をっていうのは、試合の中で見せられたのでよかったと思います」

Q:逆に、試合中にもっとこういう攻撃ができたら良かった、こういうプレーが増えたらよかったと思うこはありますか。
「もっと陽人だったり、バイタルのところにいる選手をうまく使えていれば、相手センターバックは自分の背後を嫌がってなかなか出られていない状況の中で、もっとバイタルの選手がフリーになったと思うので。そこの下の選択肢っていうのをより多く作れていたら、もっとうまくいったのかなってい思います」

Q:ポストプレーが苦手といった部分はまさに、今日の試合の名古屋にあったら違う試合になったのかなと思うところでした。
「でも、あくまでもいろいろな攻撃の選択肢の中のひとつだと思っているので、自分、自分となりすぎずにちゃんと仕事をできたらよかったんですけど。相手のセンターバックの選手も強かったんで、そこはまだまだ成長できる部分なのかなって思います」

Q:このところなかなか結果が出ていないところで、今日も0-1のまま終わったかもしれない展開にも思える中で、こうして勝てたことはどんな手応えになりますか。
「すごく、ほんとにすごく自信になりますし、今日はホーム最終節でアウェイがシーズンの最終節って中では、やっぱり3年生には勝って終わってほしかったので。そこでチームを勝たせるのが3年生じゃなくても、自分だったら良いなって風には試合前に感じて入っていましたし、3年生を頼るところもそうですけど、あんまり頼りすぎずに自分が決めるっていう思いでやってたんで。個人としても、チームとしても、この勝ちっていうのはすごく大きな自信になったと思います」

Q:この1年間は前線のコンビもそうですし、チームの攻撃もいろいろな形になっていたと思います。大変でしたよね(笑)。
「(笑)。いや、前半戦は(貴田)遼河くんもいたし、陽人もいたし、自分にそこまでのマークが来るような感じじゃなかったんです、でも後半戦に入って、自分もケガしてたんですけど、復帰した後にはすごく、相手に意図的にマークにつかれているなって風には感じていて。そういった面ではやりづらさはあったんですけど、まあ、全然楽しかったんで。すごく濃いシーズンになりました(笑)」

Q:最終的に現在は1トップを任されているっというのも嬉しいというか、FWとして意気に感じるところなのでは。
「FWはゴールを決めることが仕事だと思うんですけど、仕事といっても個人としてはそれが楽しみでやってるんで。そこまで自分が、自分がっていうのもそうですし、そこまで意識せずに楽しく自分のやりたいこと、チームがやりたいことを、自分の力で体現するっていう。そこに楽しさを感じていたんで、1トップも全然楽しかったし、悪くなかったなって思います」

Q:今年1年で身体のキレもそうですし、顔つきもだいぶ変わったと思います。そういう自分の変化はこの1年間で大きかったと感じますか。
「うーん。始まりと終わりを比べれば、そこはすごく大きいものがあると思うんですけど、やっていく中ではそこまで大きな変化があったかって言われたら、自分はそんなに感じてなくて。ほんとに毎日毎日、日々成長することだけを考えてやってきたんで、結果としてそう見てもらえたなら、それが成果なのかなって思います(笑)」

Q:あと1試合、もちろん勝って終わりたいこの試合を、どんな試合にしたいと思いますか。
「理想は自分たちのやりたいサッカーをして、相手に何もさせずに完封というか。圧倒して勝つことが目標ですけど、プレミアリーグはそんなに甘くないんで、まずは今から良い準備をして、少しでも勝利に近づくようなトレーニングをして、試合当日になったら今日みたいにまた自分がゴールを決めて。チームを勝たせられるような試合にしていきたいと思います」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ