赤鯱新報

ランゲラック「非常に意味のある勝利だったと思います。ただ、やっぱり自分たちが今フォーカスしなきゃいけないのは次の4試合」【G大阪vs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第30節
10月21日(土)G大阪 0-1 名古屋(14:03KICK OFF/パナスタ/23,153人)
得点者:26’藤井陽也(名古屋)
———–
○ランゲラック選手
Q:今日の勝点3のうち、1ポイントはランゲラック選手のセーブのおかげだと思っています(笑)。
「ありがとうございます(笑)。でも、勝点3分の1が自分のセーブっていうことではなくて、やっぱりこの勝点3というのはチーム全員が頑張った結果でもありますし、特に今日で言うと本当に個人的に名前を挙げたいと思います。藤次郎はアンビリーバブルだったし、大嘉は素晴らしくハードにプレーし、ヨネが戻ってきたこともアメージングなことでした。彼らの頑張りというのが非常にチームを助けてくれましたし、キーパーのところで何かチームがうまくプレーできるようにというのはなかなかできないので。そういった意味では今日は藤次郎は非常にチームがうまく機能するようにと頑張ってくれたと思うし、ほんとに素晴らしいの一言に尽きるのかなと思います。良い仕事をしてくれました。これで彼もチームも自信を得ることができれば、それが一番かなと思います」

(残り 889文字/全文: 1385文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ