赤鯱新報

和泉竜司「立ち上がりに失点して、自分たちで苦しい展開に持っていってしまいました」【名古屋vs福岡】試合後の選手コメント

■YBCルヴァンカップ 準決勝 第2戦
10月15日(日)名古屋 0-1 福岡(15:03KICK OFF/豊田ス/24,876人)
得点者:5’ウェリントン(福岡)
———–
○和泉竜司選手
Q:攻めているのに得点だけが取れないような試合でした。
「立ち上がりに失点して、自分たちで苦しい展開に持っていってしまいましたし、その中で相手はより後ろに重心は置いてきます。5バックで中も堅くて、その中でうまく崩しきるのはなかなか難しさもありました。まずはやっぱり自分たちで苦しくしてしまったところが、敗因だったと思いますし、でも相手をしっかり引き出しながら、リーグ戦含めたここ数試合の中では一番、攻撃としては相手の間を取ったりもできたと思います。惜しいところまでは行けていたので、全てが全て負けたからマイナスに考える必要はないと思いますね。ただルヴァンカップがこれで終わってしまったというのは事実ですし、本当にみんなで、いろいろな選手が試合に出て、ここまで勝ち上がってきていたんで、ほんとに申し訳ない気持ちもあります。

(残り 1049文字/全文: 1502文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ