赤鯱新報

稲垣祥「やっぱり最後のひと刺しができないと、結果はついてこない」【名古屋vs福岡】試合後の選手コメント

■YBCルヴァンカップ 準決勝 第2戦
10月15日(日)名古屋 0-1 福岡(15:03KICK OFF/豊田ス/24,876人)
得点者:5’ウェリントン(福岡)
———–
○稲垣祥選手
Q:よく押し込めた試合ではあると思いますが、得点が取りきれなかった。そこが難しい試合でした。
「いや、もうおっしゃる通りで、押し込むっていうところはひとつできた部分はあるし、試合前からこういう展開でのセカンドレグだったんで、そこは絶対に全員で押し込むような展開を増やしていこうっていうのは意識していました。そこを長い時間、増やせたのは良かったですけど、やっぱり最後のひと刺しができないと、結果はついてこない。そこはほんとにチームとしてのまだまだ大きな課題だし、そこをこじ開けられないといけないと思う。ただ、やっぱり福岡の守備はキーパーを含めてほんとに素晴らしいプレーをしていたと思うので、そこも素晴らしかったな思います」

(残り 2184文字/全文: 2586文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ