赤鯱新報

前田直輝「最低限の仕事ができたかなっていう、ほんと、本当に最低限の仕事って感じです」【名古屋vs鹿島】試合後の選手コメント

■YBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦
9月6日(水)名古屋 1-1 鹿島(19:33KICK OFF/豊田/8,089人)
得点者:49’松村優太(鹿島)90+4’久保藤次郎(名古屋)
———–
○前田直輝選手
Q:交代後は攻めに圧力を出せましたし、そういう流れは作れたのでは。
「いやいやまだまだ。ま、最低限の仕事ができたかなっていう、ほんと、本当に最低限の仕事って感じです」

(残り 1614文字/全文: 1801文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ