赤鯱新報

野上結貴「自分もDFで嫌なところは分かってるんで。そこにキャスパーが良いところに置いてくれました」【名古屋vs鹿島】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第23節
8月13日(日)名古屋 1-0 鹿島(18:03KICK OFF/豊田/38,642人)
得点者:37’野上結貴(名古屋)
———–
○野上結貴選手
Q:前週に話していた通りの得点でしたが。
「良いボールが来ました(笑)」

Q:あそこに入っていくことは、良い崩しや良い仕掛けができたからだと思いますが、一連の攻撃をどう振り返りますか。
「いや、ポケットの取り方は左サイドに、右の陽也だったかな、から逆サイドに展開して、そこから自分がポケットを取りにって形は非常にスムーズだったし、1対1で入ればディフェンスは守りにくいっていうのはありますし、自分もDFで嫌なところは分かってるんで。そこにキャスパーが良いところに置いてくれました」

Q:そのボールが来る、自分が入る瞬間は緊張しましたか。
「いや、緊張しましたけど、もう相当ゴールが近かったので(笑)。キーパーに当たんないでくれっていうだけでした」

(残り 1356文字/全文: 1765文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ