赤鯱新報

【赤鯱短信】調和と躍動をもたらすサイドの要衝。今こそ高まる“右の野上結貴”の価値とその能力。

本当にスキルの高い選手なのだと再認識している。ウイングバックもできることは広島時代の実績からしても証明済みで、しかし今季の名古屋のシステムにおけるウイングバックとは簡単に言えば森下龍矢である。上下動のバイタリティと攻撃力が求められ、守備というよりは攻撃のスタッフとしての振る舞いが多い。そこで自ら「単騎突破するタイプではないので」と認める野上結貴が「楽しいっすよ」と言えるのは、彼のサッカー選手としての懐の深さを改めて感じるわけである。

(残り 2849文字/全文: 3067文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ