赤鯱新報

永井謙佑「悪いなりに、勝ちで試合を収めたことは収穫」【名古屋vs新潟】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第22節
8月5日(土)名古屋 1-0 新潟(19:04KICK OFF/国立競技場/57,058人)
得点者:14’森下龍矢(名古屋)
———–
○永井謙佑選手
Q:立ち上がりはアグレッシブに守れていたと思いますが、相手がキーパーを使って回し出したあたりからはがされ出してようにも見えましたが。
「まあ、竜司がいなくなったのは痛かったです。そこでちょっと、若干イレギュラーな事態でバタバタもしちゃったから。でも、後半の立ち上がりはまたみんなで行って、交代もしてから直輝と大嘉でまたこう、グッと何回かチャンスも作れていたので。まあでも、京都戦の後だし、連戦だし、ちょっと独特なゲームでもあったから。勝てて良かったです」

(残り 912文字/全文: 1231文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ