赤鯱新報

【赤鯱短信】成長の手応えはよりディテールを求める段階へ。行徳瑛の確かな手応え。

成長の過程はより細かく、より具体的になってきている。高卒1年目のシーズンは負傷にも悩まされたところがある一方で、ハイレベルなDFラインのポジション争いは行徳瑛のポテンシャルを刺激してやまないようだ。「試合に絡むといったらまだまだ全然。他のセンターバックとの差はある」としながらも、それを超えられない壁とは感じておらず、「そこと勝負していかないと」と勇ましい。見違えるほど、とはまだ言えないが、着実に変化を感じるそのパフォーマンスの内実に、誰よりも彼自身が手応えを感じている。

(残り 2460文字/全文: 2697文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ