赤鯱新報

【第47回日本クラブユース選手権(U-18)開幕応援企画:名古屋U-18選手&監督6日間連続インタビュー!】第6回:古賀聡監督 「あらゆる意味でタフな選手の集合体でない限り、勝ち抜くことはできない」

今年も暑い、そして熱い戦いが間もなく開幕する。真夏の風物詩ともなりつつある日本クラブユース選手権の本大会、全国大会が7月23日にスタート。名古屋U-18は横浜FM、熊本、そして千葉とのグループステージE組で相まみえ、11日後の8月2日の決勝を目指す。今回は大会へのカウントダウンとして6日間連続でU-18の選手と古賀聡監督に聞いた大会への意気込みをお届け。若鯱たちの熱い想いを聞いて、開幕へのボルテージをぜひ上げていってほしい。


第6回:古賀聡監督
「あらゆる意味でタフな選手の集合体でない限り、勝ち抜くことはできない」

Q:クラブユース選手権が始まります。シーズン前半戦も含めて、この大会につながる部分を監督はどう考えてらっしゃいますか。
「前半戦のプレミアリーグとクラブユース選手権の東海予選を通じて、多くの選手にAチームの公式戦に出場する機会を作ることができて。2チーム分以上の選手が”頭を狙いに行ける”というか、スタメンを狙いに行けるような状況が生まれているのはすごくポジティブな状況だと思います。僕も何年か監督をやっていますが、その中でも選手層という意味では一番厚くなっていることを感じています」

Q:ここにきて負傷者もほとんどが戻り、その層が存分に使える状態になったことも好材料かなと思いますが。
「そうですね。やはりあの連戦、まずはグループリーグとラウンド16までが5日間で4試合、トータルでも11日間で7試合という過酷な大会なので。しかしそこで夏仕様のゲームをするのではなく、常に前から相手に圧をかけて、自分たちからアクションを起こして、能動的に、アグレッシブにサッカーをするというところです。最初から出ている選手は行けるところまでフルスロットルで行くし、途中から出た選手はさらに新たなエネルギーを加える。それを連戦の中で、選手層をフルに生かして、戦っていきたいなという風に思います」

Q:スタメンを選ぶにあたっては、それだけの選手層があれば相手によって使い分けることもできるとは思います。もちろんその時のベストで選ぶ考え方もあります。監督はどういう考えて臨みますか。
「もうチームとしては、そのチームを代表する基準というのを明確に作っているので。それはやはり仲間の信頼を勝ち得ているかっていうことです。相手がこうだから、本来はこの選手が信頼を得ているんだけど、別の選手をその対策で使うってことはこれまでも一切していないですし、これからもするつもりはないです」

Q:連戦の厳しさ、相手も良いチームが揃ったグループに入ったと思います。勝ち抜き方の部分はどう考えていますか。
「ほんとに自分たちらしく、後方から状況を優位に変えて、よりゴールに近い位置で選手がボールを引き出していく。そこに人数をかけていって、相手を変化させながら、薄いところを突いて速さをもってゴールを陥れるっていうこと。守備ではそこからまた切り替えて奪い返したり、前線から、スイッチを入れてプレッシャーをかけて、より高い位置でボールを奪って、また相手が整う前の状況を作って。このスタイルは変えずにですね。それをグループリーグは70分で、90分の試合ではないので、より強度高く、濃縮度を上げて、戦っていくということだと思います」

Q:基本的な戦い方、貫くものがある上で、選手の特徴によってチームの色は毎年変わってくると思います。この前半戦を戦った中で出てきた今年の色合いや特徴をどう捉えていますか。
「そうですね、今年は特に後方から状況を優位に変える力が高い思っています。たとえばピサノ(アレクサンドレ幸冬堀尾)の配球する力、長田(涼平)や大田(湊真)も後方からパスの供給もそうですが、相手をはがして運び上がっていけるような状況を作って、より前で中盤の選手をプレーさせられるところは強みだと思います。池間(叶)なども効果的に組み立てて前進できる力を持っているので、そういったことを生かして。相手が前からプレッシャーかけてきても、来なくても後方から長距離に入れてより前で中盤の選手もFWの選手もプレーをする。その状況が良いならば、また相手の背中を突いていくようなことを繰り返し、繰り返してやって、相手を変化させて、薄いところがどこに生まれるのかを判断しながらゴールに向かっていく。それが今年のあのスタイルかなと思います」

Q:最近得点が増えてきた石橋郁弥選手であるとか、東福岡戦で劇的なゴール決めてくれた八色真人選手であるとか、時期的に乗っている選手はいるものです。そういった選手にまたさらに期待する部分はあったりしますか。
「そこはやはり”ステージ奪取”ということを掲げているので、例えば石橋も最初は試合に出る、プレミアでスタメン出場するっていうことが1つのステージだったんです。でも今はもう得点にかかわって試合を決める、チームの中心としての活躍を果たすという、ステージがひとつ上がっていると思うんですね。八色も以前は言い方が良くないかもしれないですが、選手がいない時にそこに入って、断片的に良さを出すと。野中(祐吾)もそうですけど、しかし今はそうではなく、もうそこで自分が中心になって自分の良さを、得意とするものだけではなく、出していくっていうようなステージに変わってきている。そうして下級生はそのチームの代表に自分が選ばれていく、という意味でのステージ奪取をしていくわけです。自分がひとつのステージを超えたら、もう1つ上のステージがある。陽人とかもそうですね、トップ昇格が決まって、じゃあその次はトップで今いる選手を追い越して試合に出ていかないと、次はないよねっていう話で。そういう状況で、上へ、上へ、っていうベクトルでトライをしています」

Q:もちろん目指すのは優勝だと思いますが、クラブユース選手権は毎年のように、この過酷な戦いをくぐり抜けたことでさらにチームが成長を見せる大会でもあります。そういった部分での大会への意気込みであるとか、大会に臨むものはいかがでしょうか。
「うん、そうですね。このレギュレーションからしても、あらゆる意味でタフな選手の集合体でない限り、勝ち抜くことはできないと思うので。そういった意味で培ってきた体力、それから不屈の精神力、折れない心で常に前を向いて。自分を貪欲に成長させようとする力や多くの人に感動を与えようというエネルギーだったり、心の部分もやっぱりこの大会においては特に結果にかかわってくると思います。あとはコンディショニングのところですね。いかに連戦の中で、試合に良いコンディションを、限られた時間の中で作り上げられるかどうかというところ。これもこれまでの1週間に1回の試合の時よりも明らかに変わってこないと難しいと思うので。そういったところでも、彼らの”領域”を超えさせていきたいなと思っています」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ