赤鯱新報

【第47回日本クラブユース選手権(U-18)開幕応援企画:名古屋U-18選手&監督6日間連続インタビュー!】第2回:内田康介 「絶対に同じポジションの選手には負けたくないって思いはあります」

今年も暑い、そして熱い戦いが間もなく開幕する。真夏の風物詩ともなりつつある日本クラブユース選手権の本大会、全国大会が7月23日にスタート。名古屋U-18は横浜FM、熊本、そして千葉とのグループステージE組で相まみえ、11日後の8月2日の決勝を目指す。今回は大会へのカウントダウンとして6日間連続でU-18の選手と古賀聡監督に聞いた大会への意気込みをお届け。若鯱たちの熱い想いを聞いて、開幕へのボルテージをぜひ上げていってほしい。

内田康介
第2回:内田康介
「絶対に同じポジションの選手には負けたくないって思いはあります」

Q:クラブユース選手権開幕を控えたチームの状態はいかがでしょうか。
「だんだん夏になって暑くなってきて、プレミアリーグの前回の東福岡戦も暑い中で最初は自分たちのプレッシャーがかけられずに、ズルズルとうまくいかない時間帯が続いたんです。でも、暑い中でも自分たちのやり方は変えちゃいけないと思う。そう言っている中でも今日(15日の練習試合)も自分たちの体力のない部分から、プレッシャーがうまくかからずに、相手に好きなようにボールを持たれたことで、うまくいかない時間も多かったです。そこはもっと練習で高めていかないといけないと思いますね」

Q:プレミアリーグでここまで良い順位にいることで、自信を持って大会に臨める部分はありますか。
「はい。前回の東福岡戦も逆転して勝てたというのは、自分たちが良い流れでやれているということなので、そこは継続して、より高いレベルでやっていきたいと思います」

Q:クラブユース選手権はレギュレーションがやや違います。連戦や暑さも含め、そういう違いがある中での戦いはどう想定しますか。
「連戦が続く中でも、自分たちは誰が出ても変わらないのが強みだと思うので。連戦が続くからこそ、そういった自分たちの総力で戦うことが大事になってきます。誰が出ても変わらない、戦力が変わらないチームを目指していかないといけないなって思ってます」

Q:誰が出ても変わらないという部分は特にサイドやトップがそうだと思いますが、ボランチとして彼らを操る内田選手は、その強みをどう感じていますか。
「たとえばサイドだったら(八色)真人もそうだし、(杉浦)駿吾も(石橋)郁弥も(鈴木)陽人も、やっぱり1対1での強みがあるので。そこにスピード感を出してあげることだったり、一人ひとりどこでボールが欲しいかは変わってくるので。そこで自分はそれぞれの選手に合わせることはできるので、誰が出ても自分はその選手が やりやすいようにするのが一番だと意識して、やっていますね」

Q:自分のことよりも、受け手のことを考えているのですね。
「そうです。パスを出す時とかも、受け手の選手のスピードや、どのポジションで欲しい選手なのかをけっこう見て、そこもちょっと計算してパスは出しています。そこはかなり意識しているところです」

Q:スルーパスも出せますし、フィードで局面を変えることもできますね。そういった自分の強みでも成長を感じる部分はありますか。
「自分はキックがひとつの武器でもあるので、今日(15日の練習試合)も何本かチャンスは自分で作れました。そこはどんどん伸ばしていきたいと思います」

Q:あとはシュートをもっと決めたいところですね(笑)。
「はい(笑)。最近はシュートの感覚があんまりなので、練習しています。ちょっと感覚がずれてきちゃったりしていて、打っても入らないことが続いているので。もっと練習しておきたいです」
内田康介
Q:クラブユース選手権は厳しい戦いですが、勝ち抜くことだけでなく、この大会を戦うことで後半戦に向けてすごく成長できる場でもあったりします。内田選手の大会に臨む気持ちというのはどうですか。
「やっぱり優勝はしたいし、チーム全員が同じ目標を持っていると思います。その目標を持ちつつも一人ひとりがここでも成長することで、後半戦に向けて自分たちがチームとしてより強くなって、この後も勝ちきることができると思うので。まずはここで優勝を目指すためにも、やっぱり一人ひとりの成長が大事になります。一人ひとりの強みを伸ばして、戦っていきたいです」

Q:内田選手は10番を背負って戦う自覚や、もちろん3年生という自覚もあると思います。そういった自覚を持って戦うという部分で、チームに見せたいものはありますか。
「今年は10番つけさせてもらうってことですごく責任感はあるんですけど、サッカーの基本である戦う部分であったり、チームの代表としてチームを勝たせられる存在というのがやっぱり10番としてふさわしいと思うので。まずはチームのために戦うこと、チームを勝たせられる存在になることは意識しています」

Q:純粋に今季最初のタイトルに向けての自分の気持ちはどんなものがありますか。
「全国にはいろんなタイプのボランチの選手がいると思いますし、この大会に来ると思います。その選手たちよりも自分が強ければ、自分の価値も高まる。まずは同じポジションの相手に絶対に負けずに、その上でチームを優勝させるっていうのは強く思っています」

Q:意外な答えでした。周囲に対してのライバル心が強いのですね。
「やっぱり自分は日本代表も目標にしているので、そこで勝たなければ注目もされないと思うので。絶対に同じポジション選手には負けたくないって思いはありますね」

Q:そういった部分での自分の強みは、パスを前に入れて、守備でもどんどん潰しに行って、そこからチャンスを作るようなところでしょうか。
「ゴール前でのアイデアを活かして自分はシュートとかアシストをしたり、今日も1回、浮き玉で(西森)脩斗にアシストができたんですが、ああいうのは自分は小さい頃から持っているところだと思っています。そういう感覚をもっと伸ばして、あとは守備でももっとスイッチにならないと、チームとしてもうまくいかないと思うので。真ん中のポジションで攻守ともに、チームのために働けるようにしていきたいと思います」

Q:野田選手とのコンビはどうですか。2人ともどんどん強度が上がっているように見えます。
「愛斗とはお互いに信頼している部分があるので。自分たちふたりが日本一のボランチになるためにも、お互いに成長できていると思います。そこもどんどん伸ばしていきたいと思ってます」

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ