赤鯱新報

内田宅哉「自分の武器でもあるハードワークで、攻守でチームの助けになるプレーを意識しています。あとはインサイドハーフとして、結果も追求しスタメン定着につなげたい」【9/29練習後の選手コメント】

○内田宅哉選手

Q:このところ好調に見えますが、内田選手自身はそれをどう感じていますか?
「そうですね、自分の役割というか、いろんなポジションをやる上での役割が自分の中ですごく整理されてきていて。すごくやることがはっきりしたこともありますし、あとは出場時間が増えるに従って、チームメイト同士のコミュニケーションだったりとか、パスを受けてほしいところ、そういったところがどんどん合ってきているなというのは自分の中であるので。今はすごくやりやすい感じでやっています」

(残り 3093文字/全文: 3322文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ