赤鯱新報

【名古屋を見つめる冷静な視点:増川新報】第10回・前編:ボリュームが増した中盤。遅攻を始めたチーム。

2022年も増川隆洋さんに、名古屋を見つめる別視点をご提供いただけることになった。聞けば聞くほどJリーグをしっかり見ているな…と感じる名古屋OBにしてレジェンドの一人に、今季も多くのことを学ばせてもらおうと思う。7月分の試合が題材の今回はやや“ネタ”が古く感じてしまいそうな部分をご容赦いただきつつ、8月頭の大きな変化に連なる部分を厚めに取り上げたいと思う所存。時にちょっとした雑談も入りつつ、先月の名古屋がどんな状態だったかを、いま一度振り返りたいと思います。

増川新報第10回・前編:ボリュームが増した中盤。遅攻を始めたチーム。

Q:今回はやはり夏の新戦力について、という話題から話を始めようと思います。(取材日は8月3日)
「けっこう獲ったな、というのが率直な感想で、ストライカーのところは取らなきゃいけないポジションだったから、しっかり補強したなと。永井は実績もあるし、札幌戦を見ていてもアイツ個人の良さはしっかり出ていた。チェイシングの部分やアシストの部分でね。貢献度は高かったなと思う。レオナルドの方は時間は短かったけど、こういうプレースタイルなんだな、というのは見えた。頑張るところ、身体が強くて当てに行くし、シュートを打っていないからゴールにかかわるところがどうなのかはまだわからないんだけど。あの試合ではどうやってリードを守るかということをやっていた気がするね。

(残り 6966文字/全文: 7553文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ