赤鯱新報

「連覇というところを期待されていたと思いますが、ベスト8で終わってしまったことを本当に申し訳なかったと思っています」【名古屋vs浦和】長谷川健太監督記者会見コメント

■YBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦
8月10日(水)浦和 3-0 名古屋(19:33KICK OFF/埼玉/23,435人)
得点者:31’伊藤敦樹(浦和)41’伊藤敦樹(浦和)86’江坂任(浦和)
———–
○長谷川健太監督
「まずは名古屋の“ファミリー”の皆さんが埼スタまで来てくださって、声を出して選手を精いっぱい応援してくれたことに感謝します。そういうファミリーの皆さんの気持ちに応えることができなかった。本当に連覇というところを期待されていたと思いますが、ベスト8で終わってしまったことを本当に申し訳なかったと思っています。ただ、選手は本当に今日の試合で出しきってくれたと思いますし、前半も悪い展開ではなかったと思いますが、とりあえず上げておけというクロスを二人で競り負けてしまったというのは、対応の甘さというところがあったのかなと思います。ああいうところから浦和にペースを握られて、セットプレーからも点を取られて。
後半も1点を取れば状況はガラッと一転するということで、選手たちにもしっかり落ち着いて戦おうということで、しっかり前線にパワーを持ちながらも、相手のカウンターもしっかり受け止めながらという形で戦ってくれました。最後、江坂に点を取られましたが、この3連戦は難しい状況で、そういう意味ではファーストレグ、リーグ戦とホームでやった試合では良い形で試合をすることができました。ルヴァンカップはベスト8で負けてしまいましたが、本当にここまでいろいろな選手が出場して、予選もギリギリのところで清水戦は勝たなければいけない状態でアウェイで何とか1-0で勝利し首の皮一枚つながって。そこから徳島戦という形で。本当にいろいろな選手がプレーをして、若い選手も吉田温紀なども点を取ったり、本当にいろいろな選手がこの大会で経験を積むことができました。チームとしてもなかなか難しい時期もありましたが、やはりこういう厳しい試合の中で経験値を上げることができたと思います。本当に素晴らしい大会で、ベスト8まで行くことができた。本当に選手たちを誇りに思いますし、頑張ってくれました。ただ、先ほども言いましたが、ファミリーの皆さんには連覇を期待されていた方も多かったと思いますし、それを成し得ることができなかったのは自分自身の力のなさです。また次の機会でしっかりチャンピオンを目指してやっていきたいと思います。勝った浦和は本当に素晴らしい戦いをしたと思いますので、ぜひ我々の分も含めて良い成績を収められるように期待しています」

(残り 1382文字/全文: 2440文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ