赤鯱新報

マテウス「良い試合のスタートが切れたというのが一番の結果につながった部分かなと思っています」【名古屋vs京都】試合後の選手コメント

■YBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第1戦
6月4日(土)名古屋 6-1 京都(16:03KICK OFF/CS港/5,234人)
得点者:15’稲垣祥(名古屋)49’稲垣祥(名古屋)58’山﨑凌吾(京都)63’丸山祐市(名古屋)73’マテウスカストロ(名古屋)81’マテウスカストロ(名古屋)90+2’相馬勇紀(名古屋)
———–
○マテウス選手
Q:思いがけない点差がつきました。今日の試合を振り返ると?
「良い試合のスタートが切れたというのが一番の結果につながった部分かなと思っています。祥の最初の得点に対して、しっかり決めてくれたことですね。そして相手が退場者を出してからは主導権も握ることができたのですが、それも我々がしっかり良いスタートをきれたという状況の中で相手が退場してしまったということだと思っています。良い試合、良い内容で終われたことがすごく嬉しいです。我々が望んでいた勝利でもありますが、この結果までは最初から考えてはいませんでした。強い相手である京都に対してこういう勝ち方ができると、自分たちにとっても大きな自信になりますね」

(残り 573文字/全文: 1048文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ