赤鯱新報

「見ている方が熱くなるような試合をしなければいけない、そのためには京都も非常に闘うチームなので、それに負けていては話になりません」長谷川健太監督試合前記者会見の様子

○長谷川健太監督
Q:まずはこの会見に先立って広報の方から、京都戦はチケット40000枚が発券されたとお聞きしました。大盛況の試合になりそうですが、やる側としても気合が入りますね。

「コロナ禍においては初のことだと思いますので、多くのサポーター、ファミリーの皆さんに喜んでもらえるような試合をしなければいけない。そういう気持ちです」

Q:先日のFC東京の試合も40000人以上の観客が入るなど、Jリーグに観客が戻ってきた印象も受けます。この状況を長谷川監督はどう感じていますか。

「これはもう、もちろんファミリーの皆さんの支えというか。何とかこの状況を自分たちの力で応援したいという想い、そしてこのクラブの関係者の努力があると思いますので。現場としてはそれに応えるしかないと思っています」

(残り 4038文字/全文: 4378文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ