赤鯱新報

「選手たちは本当によく頑張ってくれたと思いますが、やっぱりこういうゲームで勝ちきれないというのはまだまだ反省すべきところだと思います」【磐田vs名古屋】長谷川健太監督記者会見コメント

■明治安田生命J1リーグ 第10節
4月28日(木)磐田 2-1 名古屋19:03KICK OFF/ヤマハ/7,690人)
得点者:67’マテウス カストロ(名古屋)、84’大津祐樹(磐田)、85’大津祐樹(磐田)
———–
○長谷川健太監督
「悔しい試合になりました。前半は言うことないような展開でゴールも取れましたし、後半は相手が前線にパワーのあるFWを入れてきて。若干押されたという部分は否めなかったと思います。ただ、仙頭を入れたあたりから少し落ち着いてきて、そこからは上手くゲームが運べればと。できれば追加点というところは残しつつという感じで、守りだけになってしまうとなかなか難しくなってしまうと思っていたので。そういう意味では良い形で試合は進んでいたと思うんですが、まあ…あのセットプレーとキック、上背のある選手をたくさん入れてきてという部分で、セットプレーはひとつ警戒はしていたんですが。そこでニアであわされてということで、若干気持ちで引きずっている間に追加点を取られてしまった。選手たちは本当によく頑張ってくれたと思いますが、やっぱりこういうゲームで勝ちきれないというのはまだまだ反省すべきところだと思います。流れの中で点をとったというのはひとつ、プラス要因だと思いますので、次はしっかり追加点を取るだとか、勝ちきるというところにこだわって戦っていきたいと思います」

(残り 1733文字/全文: 2322文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ