赤鯱新報

柿谷曜一朗「シュートを打つにはあれ以外なかった」【C大阪vs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第37節
11月27日(土)C大阪 2-1 名古屋(14:00KICK OFF/ヨドコウ/10,313人)
得点者:67’柿谷曜一朗(名古屋)80’藤田直之(C大阪)87’西尾隆矢(C大阪)
———–
〇柿谷曜一朗選手
Q:苦しい試合展開の中、スーパーゴールで先制したわけですが、それまでの試合展開、その後の戦いはいかがでしたか。
「セレッソ大阪にとって特別な選手が引退する、ということでかなり前半から気合が入っているようには感じていました。もちろんそれはわかっていたことで、自分たちは準備してきたものをしっかり出そうという意識で試合に入った中で、圧力がかなり強くかけてきていたのかなと思いますが、ただ上手く守れていたとは思うし、クリアミスであったり少しのズレであったりは仕方ないと思います。みんなでしっかりゼロに抑えて、後半にミーティング含めて修正して入ろうという風にはできたので。ボールを持たれる時間は長かったかもしれないですけど、そんなに焦らずにやっていたかなという感じです」

(残り 947文字/全文: 1398文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ