赤鯱新報

稲垣祥「一人足りなかったんですが、その中で一瞬の隙ができて。僕のところにしっかりマイナスのパスを味方が見てくれていた」【鹿島vs名古屋】試合後の選手コメント

■JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦
9月5日(日)鹿島 0-2 名古屋(18:03KICK OFF/カシマ)
得点者:22’稲垣祥(名古屋)57’シュヴィルツォク(名古屋)
———–
〇稲垣祥選手
Q:突破を決定づけるような貴重なゴールでした。まずあの場面を振り返っていかがでしょうか。
「そうですね、一人足りなかったんですが、その中で一瞬の隙ができて。僕のところにしっかりマイナスのパスを味方が見てくれていたというところ。あのボールはいつも通り得意な形なので、流し込めて良かったです」

(残り 945文字/全文: 1191文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ