赤鯱新報

【クラブニュース】相馬勇紀がクラブハウスを訪問!しばしのオフを経て、「数字」を求めるシーズンへ!

本日午後、U-23アジア選手権参加で合流が遅れていた相馬勇紀がクラブハウスを訪問。報道陣の質問に答えた。年末のE-1選手権ではA代表デビューを飾り、期限付き移籍だった鹿島で活動を続け、年始はU-23アジア選手権と多忙を極めた相馬だが、その表情は爽やかそのもの。ここからひとまずオフに入り、タイキャンプからの本格合流となるが、「今年は結果ではなく“数字”を求めていきたい」と早くも意欲をメラメラと燃やしていた。今回は相馬の熱い言葉の数々を、早速お届けする。

○相馬勇紀選手

Q:年末年始といろいろなことがありましたが、今ここにいる気持ちを教えてください。
「年末年始でいろいろな経験ができたので、良い意味で今は本当に前を向いているというか。本当に、良いメンバーの中でまたサッカーができるので、ここから勝負だと思っていますし、年末年始で自分が感じた課題というのを克服しつつ、チーム内の勝負に勝っていきたいなと思います」

(残り 2015文字/全文: 2419文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ