赤鯱新報

石田凌太郎「単純に広島との決定力の差が出た試合」浅井昂介「決めるところを決めておかないと難しい試合になる」井上詩音「今日は相手にやられたというよりも自滅みたいな感じだった」【名古屋U-18vs広島ユース】試合後の選手コメント

□高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 WEST第12節
名古屋グランパスU-18 1-3 サンフレッチェ広島F.Cユース
得点者:34’松本大弥(広島)67’大越寛人(広島)71’桂陸人(広島)73’マツオカジョナタン(名古屋)
出場メンバー(名古屋公式)
高円宮杯(JFA 公式)
—————

○石田凌太郎選手
Q:惜しい場面も多い試合でしたが。
「前半最初のチャンスを決めておけば、試合の流れも変わっていたと思いますし、1-3になってからも僕に決定機がありました。あれを決めていればひっくり返ったかもしれないですし、単純に広島との決定力の差が出た試合だなと思いました」

Q:ただボールがうまく前線に来ないという部分もあったかと思います。その点については?
「練習でやっている『相手の矢印を見る』ということはできていたと思うんですけど、単純なパスのずれであったり、相手がいる方にパスを出してしまったりと、単純なミスが前半は出てしまっていました。後半は相手が前に出てきていた中で、単純に背後というパスが出せていたからこそ、ああやって間も空くことになって、自分たちの流れにもできたのかと思います」

(残り 2801文字/全文: 3305文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ