赤鯱新報

【クラブニュース】U18からの来季の昇格2選手が発表に!梶山幹太&深堀隼平ミニインタビュー

本日12月24日、U18からの来季の昇格選手2名が発表になった。梶山幹太と深堀隼平はともに昨年からU18の主力として活躍していた俊英たち。梶山は小柄ながら堅実なテクニックとゲームメイクのセンスが光るMFで、深堀はスピード豊かなアタッカーだ。育成組織の選手としての一つの目標を達成した彼らはここから、厳しいプロの世界での真剣勝負に挑む。12月、失意のプレミアリーグ終了後にU18としての最後のトレーニングに励んでいた彼らに率直な思いを聞いた。


梶山幹太 「ゲームメイクをしながら、目に見える結果を出していきたいです」

Q:昇格おめでとうございます。いつ頃、昇格を告げられたのですか?
「僕の耳に入ったのは秋ぐらいですかね。J-STEPでのトップチームのキャンプに参加した時にはわかっていました」

Q:朗報を聞いた時の正直な感想は?
「今年はけっこうトップチームの練習にも参加していたので、もっと早く知らされるかもしれないと言われてもいたんです。自分としてはいつ知らされるのかな、という気持ちで過ごしていました。でも、言われた時にはビックリしました」

Q:期待していたけど、驚いたわけですね(笑)。
「はい(笑)。不安な気持ちもやっぱりあったので」

Q:J-STEPに行った時点でわかっていたから、永井選手がピッチで祝福してくれたのですね。
「はい(笑)。嬉しかったです」

Q:ではその後の練習参加では、かなり現実的にプロの舞台を意識していたわけですか。
「そうですね。そういう風に見られていたと思いますし、自分も同じプロの立場のつもりでサッカーをしていました」

(残り 4023文字/全文: 4690文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ