赤鯱新報

【名古屋vs磐田】田口泰士選手「チャンスを決め切らないと、勝てる試合も勝てなくなる。反省している」小川佳純選手「自分たちの思うような攻撃はできていない感じだった」

■2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節
10月22日(土)名古屋 1-1 磐田(14:00KICK OFF/豊田ス/30,282人)
得点者:44’シモビッチ(名古屋)47’ジェイ(磐田)
———–
●田口泰士選手
Q:他試合の結果で、僅差ですが降格圏に順位が落ちてしまいました。
「そうですね。厳しい状況は変わらないですけど、残り二つで必ず勝って、勝つしかないので」

Q:3週間のブレークは難しさがありましたか。
「どうでしょうね。勢いは大事でしょうし、でもキャンプでやってきたことがしっかり出せている部分もあったので。後半の失点が少し、与えたくなかったです」

(残り 1797文字/全文: 2082文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ