赤鯱新報

【名古屋vs長野】扇原貴宏選手「気持ちを切り替えてやらないと本当にサポーターの皆さんに申し訳ない」田口泰士選手、安田理大選手のコメントも。

■第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
9月3日(土)名古屋 0-1 長野(18:00KICK OFF/名古屋港)
得点者:90+4’夛田凌輔(長野)
—————
●扇原貴宏選手
Q:相手にやりたいことをやらせてしまった印象でしょうか。
「そうですね、立ち上がりから相手の方が出足も速かったですし、自分たちがゆっくりしているところに相手が一歩早く球際に来ていました。そこで自分たちがしっかりと落ち着いて数的優位をつくって運べたらよかったんですけど、なかなかみんな流動的な動きもできず、ピッチのせいかあんまりみんなボールを受けるタイミングだとか、受けること自体も怖がっていたのかなという部分もあるので。

(残り 459文字/全文: 764文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ