赤鯱新報

【川崎Fvs名古屋】田口泰士選手「切り替えてやるしかない」楢崎正剛選手「もうちょっとやらなければいけない試合でした」

■2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ第3節
3月12日(土)川崎F 3-2 名古屋(19:00KICK OFF/等々力/16,513人)
得点者:6’エウシーニョ(川崎F)26’松田力(名古屋)63’永井謙佑(名古屋)75’大久保嘉人(川崎F)84’中村憲剛(川崎F)
———–
●田口泰士選手
Q:結果的にフル出場でした。
「うん、大丈夫でしょ」

Q:前半の途中で守備を修正して、立て直して戦った試合でした。
「あんまりズルズル引くと向こうのやりたいようにやられるので。ライン上げてコンパクトにやろうという話はしたし、前半のうちに修正できたので。そこは収穫だし、監督も前半やハーフタイムにも言っていたので。ただ、悔しいっすね。結果がこういう風になっちゃったので。やっぱり自分たちが勝ち越して、流れが来ている中でのああいう結果なので」

(残り 994文字/全文: 1362文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ