赤鯱新報

【練習試合vs松本山雅】試合後の小倉隆史GM兼監督コメント「初めて勝ったとはいえ、やることは多い」


本日は、非公開で行われた練習試合vs松本山雅戦後の小倉隆史GM兼監督コメントをお届けしています。

■練習試合(45分×4本)
名古屋 2-0 松本
1本目(45分×2)名古屋 2-0 松本
2本目(45分×2)名古屋 0-0 松本

Q:結果は最初の90分が2-0、残りが0-0とお聞きしました。一応、初勝利ということになるんでしょうか?
「いや(苦笑)。そう言われても…(笑)。まあ、しっかりと0点に抑えて、セットプレーのところもやってくれたので。結果的にはゼロで抑えられたというのはあるけど、危ないシーンを作られもしたし、まだまだやっぱり、初めて勝ったとはいえ、やることは多いなというところはありますね」

Q:無失点の、抑え方についてはある程度納得できるものでしたか。
「納得できるかといえば…結果的にそうだったというだけで、もっとチームとして狙いとする部分はもっと上げられるんじゃないかと思います」

Q:繰り返し練習していたセットプレーの守備については成果は見えましたか。
「うん…まあ、確かに集中力をもってやってくれたし、始まる前のミーティングであったりとか、今週はそこにけっこう時間をかけてやってきたところで、選手の中にも意識づけはあったと思うので。そこは継続してやってもらいたいと思います」

(残り 2465文字/全文: 2999文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ